成長ホルモンの役割
HOME 成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

【新提案(研究課題)】うつ状態の治療と成長ホルモン

ホーム > うつ状態の治療と成長ホルモン

「うつ状態、うつ病、億劫(おっくう)、面倒くさい」を治療する新提案

成長ホルモンは、20年近く前から、健康管理手法の一環として用いられています。

成長ホルモンには、

  • 元気が出る
  • 物事に対して億劫(おっくう)でなくなる
  • 朝から調子がいい
  • 外出したくなる
  • 積極的になる

などの精神面をポジティブにする効果があります。

もともとは、「子供の背を伸ばす」「アンチエイジング」の目的で利用されていましたが、「元気を出す」という目的で、成長ホルモンを使用する人が年々増えてきました。

脳に働きかけて、「良いことがありそうな予感がしてウキウキする」をいう気持ちを高めるのが大元です。厳密な作用メカニズムは不明ですが、通常使用量で副作用の心配はないので、気軽に利用できます。抗うつ剤を飲んでいる人は、病院でもらっている薬をどんどん減らすことができています。

また、成長ホルモンには内臓脂肪を減らす作用があるので、うつ病の治療薬をすでに飲んでいて、太ってしまっている人には、ダイエット効果にもなり、喜ばれています。

成長ホルモンは、保険が効かないので、1か月分で2万円ほどの費用ですが、利用者の喜びは絶大です。日本の特定のクリニックでは、この分野の研究が進められています。

成長ホルモンの診療希望はこちら

HOMEへ戻る