成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンった低身長治療「背を伸ばす医療」

四谷メディカルクリニック(通称:四谷メディカルサロン)では「成長ホルモンを使った背を伸ばす医療」に取り組んでいます。

成長ホルモンスプレー成長ホルモンは、骨端線軟骨に働きかけ、長幹骨(大腿骨など)を伸ばします。第2次性徴が終了する頃、つまり、止まりゆく3年に相当する14~18歳で利用するのが効果的です。ところが、成長ホルモンには関節内の軟骨を成長させる働きもありますので、20歳を超えてもある程度、背をのばすことができます。足首、膝、股関節、そして椎間板のそれぞれを1~2mm増大させるだけで2~5cmぐらいは背が伸びるものです。また、血流中の胚細胞が骨端線部分に入り込み、軟骨細胞化するメカニズムも注目されています。

最近の研究では、背を伸ばす目的においては、成長ホルモンは、注射で投与するよりも、スパイク状の血中濃度上昇を作る舌下投与スプレータイプのもののほうが良好な効果が期待できることがわかっています。医師の指導下で低身長治療に取り組みましょう。

成長ホルモンのオンライン処方判定はこちらから

背が伸びるのはナゼ?

生まれて4歳まで

生まれて4歳まで

4歳までは栄養状態の影響で背がぐんぐん伸びます。

この頃は栄養状態だけが身長の伸びに影響します。

そして

4歳から10歳まで

4歳から10歳まで

4歳~10歳前後まで年に5~6cmのペースで背が伸びていきます。この頃には、成長ホルモン甲状腺ホルモンが重要な役割をします。年間の伸びが2~4cmのときは何か問題が潜んでいます。

※この頃に成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌が妨げられると背が伸びません。

そして

10歳代になると・・・

10代になると・・・10歳代になると、第2次性徴を迎え、「よく伸びる2年」が始まります。この頃は、成長ホルモン性ホルモンが同時に分泌され始めます。

よく伸びる2年では、男の子は年間平均で8~9cm、女のことは年間平均で7~8cmびます。2年間のうちの真ん中の1年は10cm以上伸びることもしばしばです。

そして

「よく伸びる2年」に引き続く「止まりゆく3年」

背が伸びるラストスパート!!

性ホルモンの作用は、初期には身長を急速に伸ばしますが、後期には骨の成熟を促すため、身長の伸びを止めることになります。つまり、性ホルモンは「まず、身長のラストスパートをかけて、次にブレーキをかける」という役割を持つのです。止まりゆく3年においては、自己の成長ホルモンの分泌量が急低下してきます。

身長の伸びのブレーキがかかり、「止まりゆく3年」になったかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?

そして

第二次性徴の最終段階

第二次性徴の最終段階毎月の身長を丁寧に測定するのです。子供の身長は朝高く、日中に1~1.5cmくらい低くなっていきますので、1か月に1回、一定時間に測定してください。それまで、1か月で6~8mmびていたのに、4mmくらいに低下して来たら、止まりゆく3年です。 なお、一般的には、男の子の声変わりが始まれば、もうすぐ「止まりゆく3年」に入ります。女の子の初潮が始まった時は、すでに「止まりゆく3年」に入って半年くらい過ぎています。

背が伸びる過程はわかりました。では、背を伸ばすにはどうしたらいいのでしょうか?

そして

背を伸ばすにはどうしたら・・・

背を伸ばすにはどうしたら・・・

「第2次性徴が始まる直前の背が低いかな」と思った時は、 アルギニンを利用すればいいでしょう。成長ホルモンの自己分泌がある人の場合は、この時期に成長ホルモンを投与してもあまり効果はありません。 「止まりゆく3年」になって背が低いかな、と思ったときは、成長ホルモンを利用するのがいいです。この場合、注射による成長ホルモン投与はいけません。生理現象と同様の血中濃度スパイクを作る成長ホルモン舌下投与スプレーが優れています。
成長ホルモン舌下投与スプレーを使いたい場合は、診察が必要になります。この場合は、四谷メディカルクリニック(03-3225-1515)の低身長治療外来がいいでしょう。

では、すでに15~18歳になっていたらどうしたらいいのでしょうか?

そして

すでに18歳になっていたら?

すでに18歳になっていたら?「止まりゆく3年」であるなら、成長ホルモン投与で背を伸ばすことができます。

では、背の伸びが完全に止まっていたら?

そして

背の伸びが完全に止まってしまっていたら

声変わりも終了していたら・・・

ぐんぐんと伸ばすことは難しいです。止まってしまった後は、長管骨がぐんぐんと伸びることはありません。

止まってしまったけれども、どうしても諦められません。どうしたらいいのでしょうか?

そして

それでも背を伸ばしたい!!!!!!

それでも背を伸ばしたい!!!!!!チャレンジするなら、 成長ホルモン舌下投与スプレーグルコサミン、コンドロイチン、プラセンタエキス、アミノ酸を併用 してください。 第2次性徴終了後の18歳以上の方でも、この方法で1~2cm伸びた人は大勢います。一定の割合で、2~6cm伸びる人が出現します。

治療に取り組む場合は、医療機関での診察が必要になります。この場合は、四谷メディカルクリニック(03-3225-1515)の低身長治療外来がいいでしょう。

背を伸ばす更なるチャレンジ

声変わりを迎えている場合は、軟骨を成長させることが身長を伸ばすキーになります。

アミノ酸がつながってできた軟骨基本構造にグルコサミンやコンドロイチンが沈着して軟骨が形成されます。骨や軟骨の支持組織は、コラーゲンです。このコラーゲンはアミノ酸でできています。この目的にかなう最も優れたアミノ酸を補給するものは、サプリメントでは見当たりません。栄養不良の患者や手術前後の栄養補給などの目的で投与する医療用に優れたものがあります。それが「 ESポリタミン 」です。

同時に軟骨の原料を補給することが大切です。軟骨の原料とは、グルコサミンとコンドロイチンです。特に後者は20歳までは体内で合成する能力がありますが、20歳以後は食べ物で補うしかありません。適した食べ物は、軟骨料理(鳥ナンコツなど)です。ただし、背を伸ばす目的をもつときはサプリメントで補給するのがいいでしょう。その目的に最も適したサプリメントとして、「グルコサミン&コンドロイチン」を利用してください。プラセンタエキスを配合しているので軟骨を合成する軟骨芽細胞を活性化させ軟骨の合成スピードを速めます。

大人になっても背は伸ばせるか!?

一般に骨端線が閉鎖したら、もう背は伸びないといわれています。しかし、実際の経験では、成長ホルモンスプレーを利用して、20代以後の男性、女性でも、2cm以上伸ばせる人がそれなりに出現しています。どこが伸びているのでしょうか?メディカルサロンドクターは3つの仮説を立てています。

【仮説1】 椎間板や骨端の軟骨が成長する

宇宙飛行士が宇宙から帰ってくると、背が6~7cmぐらい伸びていることがあります。重力がなくなると、背骨の隙間や関節の隙間が伸びるのです。地球での生活に戻るとやがて縮みますが、それでももとの身長より2cmぐらい高いところで止まることがしばしばです。

成長ホルモンスプレーを使うことによりこの効果が現れている可能性があります。

【仮説2】 骨全体に散在する骨芽細胞が反応する

骨端線には骨芽細胞が集族しています。骨端線が閉鎖するというのは、この骨芽細胞の集団が見られなくなるということですが、骨芽細胞そのものがなくなるのではありません。集団がなくなるだけで、骨芽細胞は骨全体に散在しています。骨折したりすると骨折面にこの骨芽細胞は大量に出現してきます。

骨全体に散在的に存在する骨芽細胞が、成長ホルモンスプレーの利用により、反応が喚起されて、その結果、骨の本体が伸びているという可能性があります。

【仮説3】 幹細胞が分化する

流血中の幹細胞が、骨端線部分に導入され、そこで軟骨細胞へと分化し、骨端線を再形成し、細胞分裂増殖を行うようになる。
→この反応を誘導する手法は、我々の元で新たに研究中です。

背を伸ばす指導経験から

成長ホルモンスプレーは、メディカルサロンですでに長い間にわたって大勢の人に利用されています。そのうち、特に伸長(背を伸ばす)目的での指導経験から明らかになっている項目をまとめました。

年代・状況別の背を伸ばす法則について
背を伸ばす指導経験から

成長ホルモンを処方できるか判定(無料)!