成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンによる若返り・アンチエイジング

美容にも効果抜群!若返りの切り札として世界中の研究者が成長ホルモンに注目しています。医学界からあらわれた成長ホルモン活用法が、美容法のひとつとして定着していく時代はすぐそこまで来ているといっていいでしょう。

成長ホルモンで肌のハリがよみがえるのはナゼ?

肌のハリの変化

肌のハリの変化

赤ちゃんの肌はプルプルに張っています。20歳でも肌はパチパチに張っています。そして25歳から衰え始めます。60歳をこえると、つまんだ手の甲の盛り上がりが元に戻らなくなります。

なぜでしょうか?

なぜ肌のハリがなくなっていくの?

なぜ肌のハリがなくなっていくの?

皮下組織の水分含有率が低下するのです。

・赤ちゃんの皮下組織水分含有率:88%・20歳の皮下組織水分含有率:68%・60歳以上の皮下組織水分含有率:40%

皮下組織の水分はなぜ減ってしまうのでしょうか?

皮下組織の水分はどうして減るの?

皮下組織の水分はどうして減るの?

ヒアルロン酸などの保水物質が減ると同時に、保水物質と水分子の吸着率が低下するのです。保水物質(ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、etc...)と水分子とがしっかりくっついていれば、肌の弾力、ハリは保たれるはずなのです。

なぜ年とともに、吸着率が低下するのでしょうか?

なぜ吸着質が低下するの?

なぜ吸着質が低下するの?

保水物質と水分子とを吸着させる作用をもつもの、それが成長ホルモンです。成長ホルモンは、13~17歳をピークとして25歳前後から血中濃度が急低下します。それに応じて肌の弾力、ハリがなくなってくるのです。

どうしたら肌の弾力、ハリを回復できるのでしょうか?

どうしたら肌のハリを回復できるの?

どうしたら肌のハリを回復できるの?

もっともてっとり早い方法は、成長ホルモンスプレーを利用することです。

※最近40~50歳代のタレントがよくヌードになっています。皆さんとても若々しいカラダをしています。その秘訣は成長ホルモンだったのです。

成長ホルモンによる若返り効果

  • 男性編
  • 女性編
  • シニア編

抜け毛の減少

抜け毛の減少

30歳前後から抜け毛の量が増えた人は成長ホルモン投与によって、脱毛がピタッと止まることがあります。30歳前後からの脱毛は体内成長ホルモンの減少に関係していると思われます。

その他、髪の毛の伸びが早くなり、髪の毛が太くなります。私(風本)自身も髪の毛を切りに行くペースが早くなりました。成長ホルモン投与を行っている期間に一時的に体毛(ひげや腕の毛)が濃くなる人もいます。白髪が黒くなる人もいます。

※成長ホルモン依存性の脱毛症でない場合は、脱毛の減少反応はあらわれないことがあります。こちらの効果を特に期待される場合はEPA&DHAの併用がお勧めです。

性機能の改善

性機能の改善

勃起力の回復や精液の量が増えるといった反応があります。四谷メディカルサロンではバイアグラを利用する人が少なくなりました。

また、心臓の手術をした方でも利用ができるという点で喜ばれています。

疲れにくくなる

疲れにくくなる

筋肉強化作用、スタミナ・持続力の増加作用、気力回復作用などから疲れにくくなった方が多くいます。体が軽くなり、エスカレーターより階段を利用するようになったり、運動をすすめても長年運動をしなかった人がすすんで体を動かすようになったり、2階まで上がるのに息切れをしていた人が4階まで駆け上がっても平気な顔をしていたり、体力面での回復が見られます。ゴルフの飛距離が伸びたと喜んでいる方も大勢います。

将来が楽しく感じ、夢と希望にあふれる未来をイメージできるようになるなど、ポジティブ思考、気力の回復が見られます。うつ病の改善にも役立っています。こちらの効果を特に期待される場合はEPA&DHAの併用がお勧めです。

熟睡できるようになる

熟睡できるようになる

寝つきがよくなる。短い睡眠時間でも熟睡感があり、寝起きもすっきりしている。夜トイレに起きる回数が減る。

夜尿回数の減少作用は特に顕著に表れています。夜中に2~3回目を覚ましていた人が徐々に起きる回数が減り、1~0回に減っています。睡眠状態の改善からも疲労感の減少につながっています。

内蔵脂肪の減少

内蔵脂肪の減少

成長ホルモンには脂肪分解作用があります。特に内臓脂肪に対して働くため、お腹がへっこみ、体重や体脂肪率が低下します。

30歳ぐらいまでは食べ過ぎても内臓脂肪はあまりつきません。30歳を超えると成長ホルモンの減少によってお腹が出やすくなってきます。

熟睡できるようになる

熟睡できるようになる

寝つきがよくなる。短い睡眠時間でも熟睡感があり、寝起きもすっきりしている。夜トイレに起きる回数が減る。夜尿回数の減少作用は特に顕著に表れています。夜中に2~3回目を覚ましていた人が徐々に起きる回数が減り、1~0回に減っています。

睡眠状態の改善からも疲労感の減少につながっています。

疲れにくくなる

疲れにくくなる

筋肉強化作用、スタミナ・持続力の増加作用、気力回復作用などから疲れにくくなった方が多くいます。体が軽くなり、エスカレーターより階段を利用するようになったり、運動をすすめても長年運動をしなかった人がすすんで体を動かすようになったり、2階まで上がるのに息切れをしていた人が4階まで駆け上がっても平気な顔をしていたり、体力面での回復が見られます。ゴルフの飛距離が伸びたと喜んでいる方も大勢います。

将来が楽しく感じ、夢と希望にあふれる未来をイメージできるようになるなど、ポジティブ思考、気力の回復が見られます。うつ病の改善にも役立っています。こちらの効果を特に期待される場合はEPA&DHAの併用がお勧めです。

肌のハリ、弾力性の回復、シワの減少

肌のハリ、弾力性の回復、シワの減少

皮下組織に含まれる保水物質と水分子が吸着することによって、肌のハリや弾力が保たれます。

成長ホルモンは保水物質と水分子を吸着させる働きをするため、肌がふっくらと膨らみ、目の周りの小じわや口のまわりのしわが軽減します。30代以上の女性は全体的に色っぽさがあわられます。

内蔵脂肪の減少

内蔵脂肪の減少

成長ホルモンには脂肪分解作用があります。特に内臓脂肪に対して働くため、お腹がへっこみ、体重や体脂肪率が低下します。

30歳ぐらいまでは食べ過ぎても内臓脂肪はあまりつきません。30歳を超えると成長ホルモンの減少によってお腹が出やすくなってきます。

バストサイズアップ

バストサイズアップ

10代後半から30代前半の方はバストが大きく成長することがあります。年齢と共にバストの下垂や小さくなったのを感じている方はバストアップが見られています。40歳代でもバストアップ作用が見られています。大きくなる方は2カップほど大きくなるケースが多いです。

本来胸は乳腺にできるラクトゲン受容体に成長ホルモンが反応して大きくなります。成長ホルモンが豊富な13歳~17歳以前にラクトゲン受容体が成熟しなかった場合は胸が大きくなりません。現在ラクトゲン受容体が成熟している場合は、成長ホルモンの利用で胸が大きくなります。

免疫力アップ

免疫力アップ

周りが風邪を引いていても自分だけ風邪を引かなくなったなど、免疫機能の向上が見られます。

消化機能改善

消化機能改善

食事をおいしく感じるようになる、下痢や便秘が改善される、など胃腸機能の改善が見られます。

更年期障害の減少

更年期障害の減少

何もしたくない。家に閉じこもりがちになる。人に会いたくない。など「気持ちの落ち込み」による更年期症状の改善に役立っています。

熟睡、夜尿回収の減少

熟睡、夜尿回収の減少

寝つきがよくなる。長い時間眠れるようになる。短い睡眠時間でも熟睡感があり、寝起きもすっきりしている。夜トイレに起きる回数が減る。夜尿回数の減少作用は特に顕著に表れています。夜中に2~3回目を覚ましていた人が徐々に起きる回数が減り、1~0回に減っています。

睡眠状態の改善からも疲労感の減少につながっています。

抜け毛の減少、発毛

抜け毛の減少、発毛

髪の毛の量が増え、白髪が黒くなります。髪の毛の伸びが早くなり、髪の毛が太くなります。私(風本)自身も髪の毛を切りに行くペースが早くなりました。新しい毛や産毛が生えるようになった人もいます。成長ホルモン投与を行っている期間に一時的に体毛(ひげや腕の毛)が濃くなる人もいます。

こちらの効果を特に期待される場合はEPA&DHAの併用がお勧めです。

性機能の改善

性機能の改善

勃起力の回復や精液の量が増えるといった反応があります。四谷メディカルサロンではバイアグラを利用する人が少なくなりました。また、心臓の手術をした方でも利用ができるという点で喜ばれています。

女性も性欲の回復などが見られています。「女であることを思い出した」という人もいます。

視力の強化

視力の強化

目が疲れやすくなったり、目の力が衰え、夜になると細かい字は読みたくないと思っていた方が、目の力が甦り、夜でも読み物ができるようになります。

肌のハリ、弾力性の回復、シワの減少

肌のハリ、弾力性の回復、シワの減少

皮下組織に含まれる保水物質と水分子が吸着することによって、肌のハリや弾力が保たれます。

成長ホルモンは保水物質と水分子を吸着させる働きをするため、肌がふっくらと膨らみ、しわが軽減します。肌ツヤも良くなり、元気な表情になります。

男性で手の甲が若い頃のように戻った。という方が多いです。

脳機能の改善

脳機能の改善

問いかけへの反応が鈍くなっていた方が成長ホルモン投与によって、元のように反応が早くなった。イライラしやすくなっていたが、落ち着き、イライラしなくなった。

記憶力が向上した。など脳機能の改善が見られています。