成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンと不妊症治療

ホーム > 成長ホルモンを使うと・・・? > 成長ホルモンと不妊症治療

成長ホルモンと不妊症治療・・・良質の卵子ができるのだろうか?

30歳から40歳の年齢で成長ホルモンの舌下投与スプレーを利用している人から、妊娠した人が高頻度に現れています。「病気になる前の医療」に、しっかりとした医療の形式を作り上げることをテーマとして、研究を続けている私(風本)にとっては、実に気になる出来事です。

もともと私が医学部生だった昭和60年前後の頃には、「初産は20歳代でするべき。30歳代になると先天異常の頻度が増える」と勉強してきました。医師の頭の中には、「30歳を超える初産は、トラブルが多い」とインプットされているといっても過言ではありません。トラブルというのは、出産時の母体のトラブルという意味ではなく、先天異常のトラブルや、なかなか妊娠できない、あるいは妊娠してもすぐに流産する、というトラブルです。

価値観の多様化に伴い、晩婚化が進み、都会部においては、20歳代で妊娠出産する人が極端に少なくなってきました。30歳代になって、急に妊娠・出産を希望する人が増えたのですが、すでに手遅れというケースがしばしばです。20歳代なら簡単に妊娠できたのに、30歳代になると、初産になる妊娠が難しいのです。一般的に、30歳代でも2人目、3人目の妊娠ならすぐできる、と言われていますが、現実的には、20歳代で1人目は出産したけれども、30歳代になって2人目がなかなかできない、という人も多くいます。そのような背景を受けて産婦人科領域では、不妊症治療が大きなテーマになっています。

健康教育をテーマとしているメディカルサロンとしては、最初の妊娠出産は20歳代でしなさい、という教育をすすめたくなりますが、いまさらそれを語っても、すでに30歳代になった人の慰めにもなりません。

20歳代ならきちんと妊娠できるのに、なぜ30歳代になると妊娠が難しいのでしょうか?

その答えは、「母体の衰え」に他なりません。卵子が衰えるのか、子宮そのものが衰えるのか?あるいは出産に耐えられない身体であるというのを本能が認知するのか?どちらにしても人間生理的には、加齢に伴う衰えであるのは間違いありません。

成長ホルモンは、もともと加齢による衰えを回復させることで注目されました。

成長ホルモン(舌下投与スプレー)を男性に投与すると、間違いなく精子の量が増えます。男性ならすぐに実感できます。成長ホルモンの蛋白同化作用の影響なのか、あるいは成長ホルモンが精子を作る過程の細胞に直接、何らかの作用を与えているのかはわかりません。とにかく、精子量が増えます。

女性の場合には、これと同様の作用をもたらすと想定することができます。つまり、卵巣に対して、成長ホルモンが何かの働きかけを行い、優秀な卵子を作り出している可能性があるのです。私が何人かの女性からか届いた「妊娠しました」という言葉を重宝すると、「成長ホルモンと不妊症治療」は、まさに研究テーマとして、価値ある内容のように思います。

ただし、成長ホルモンには、意欲を高める作用、精力向上の作用がありますので、結果的に性行為の頻度を高めることがよくあります。妊娠したのは、単純に性行為頻度の増加によるものかもしれません。

成長ホルモンと不妊症治療この分野の研究を深めていこうと思っています。不妊症治療を目的として、成長ホルモンの舌下投与スプレーを利用してみようという人は、四谷メディカルサロンに一声おかけください。

診察の際には、今まで受けた不妊症治療の内容や、今受けている不妊症治療の内容を細かく聴取させて頂きますので、ご了承願いたいと思います。

メディカルサロンの成長ホルモンスプレー

※HP編集部注

最近、風本真吾の著作権に帰する文章を無断で利用して、ホームページを作成する者が増えてきました。風本は「健康管理学の推進、あるいは病気になる前の医療の普及になることだから、黙認してあげなさい」と指示していましたが、今後は、編集部が主導して厳しく対処していくことにしました。

「成長ホルモンと不妊治療」に関する本文章はきわめて独自性の高い内容ですので、この著作権を侵害したものに対しては、速やかに対処させて頂きます。