成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンはこんな目的で利用してください

ホーム > 成長ホルモンって何? > こんな目的で利用してください

成長ホルモンをどのような目的で利用できるか

医学・医療にはすべて確率論的な要素があります。医薬品の効果に関しても、それぞれ、「このような治療を行ったら、○%の人にこのような効果が現れた、」というのが中心的な考え方になります。成長ホルモンも同様に、すべての人に同じ効果があるわけではなく、この人にはこんな効果が強く現れたが、あの人にはその効果が感じられなかった、ということがしばしばです。

「成長ホルモンをどのような目的で利用できるか」を解説します。医学・医療における確率論をよく理解した上で、読んでください。

若々しいオーラを出す

成長ホルモンのスプレーを使い出して、2~3日後には、周りの人から「あれっ、どうしたの?なんか、若々しいオーラが出ていますね」と言われます。心や身体から発する何かが、すぐに違ってくるのでしょう。

意欲向上、「うつ状態」からの回復

成長ホルモンのスプレーを使いだして、2~3週間たつと、妙に活動意欲が高まってきます。心の奥底からふつふつと外出意欲が湧いてきて、気持ちがチャレンジングになってきます。新しいことに取り組もう、という気持ちになり、人混みなどが気にならなくなります。ポジティブになるという効果です。

疲労回復

成長ホルモンのスプレーを使い出した直後から、運動したときの肉体疲労、考え事が多かったときの脳疲労がなくなり、元気に動き回ることができます。ポジティブ気分になることと、良質の睡眠がとれるようになることと連動しています。

瞬発力を高めてゴルフの飛距離を伸ばす

成長ホルモンのスプレーを利用している期間は、ゴルフの飛距離を伸びます。インパクトの瞬間の瞬発力が高まるからでしょう。ドライバーで10~20ヤード、アイアンで1番手くらいの違いが出てきます。成長ホルモンの使用を中断すると元の飛距離に戻りますので、まさに成長ホルモンのダイレクトな瞬発力向上作用だと思われます。

筋力を高める

シルベスタ・スタローンがオーストラリアに入国する際に、成長ホルモンの注射薬を所持していて通関時に取り上げられた、というニュースが世界を巡りました。成長ホルモンを投与しながら、ウェイトトレーニングを行うと美しい筋肉がつきやすくなります。この効果に関しては、スプレー剤より注射薬のほうが大きな効果があるようですが、スプレー剤でも一定の効果は認められます。

不妊治療

「頑張って不妊治療に取り組んだけれどダメだった。もう妊娠をあきらめていた」という女性で、成長ホルモンを利用したところ、「突然、自然妊娠した」というケースが、伝わっただけで5人いました。良質の卵子が排卵されるのかもしれません。また、男性の精子量を増やすことができますので、男性不妊の場合にも利用価値が大きいと思います。

成長ホルモンと不妊症治療について

良質な睡眠をとる

成長ホルモンのスプレーを使いだしたら、その初日から、ぐっすりと眠れるようになります。その波及効果が日常生活全般に現れます。

内臓脂肪を減らす

30歳を超えると太ったときにお腹が出てきます。若いときは太ってもお腹は出てきません。なぜでしょうか?これには腸の周囲にたくさん存在するホルモン感受性リパーゼという酵素が関与しています。この酵素は、あるホルモンに反応して脂肪分解作用を発揮するのです。そのホルモンが成長ホルモンとアドレナリンです。つまり、この2つのホルモンが体内で減ると内臓脂肪がたまり、お腹が出てくるのです。

成長ホルモンのスプレーを投与すると、内臓脂肪は分解され、適切なダイエットにも励むと、3~6ヶ月かけてお腹がへっこみ、ウェストがくびれてきます。

成長ホルモンには内臓脂肪を分解する作用がある

手術後などの全身消耗からの回復

高齢で手術などを行い2週間ほど寝たきりになると、もう歩き出すのが大変です。このようなときは、成長ホルモンを使って回復させることができます。

目の疲労防止

成長ホルモンのスプレーを使い出すとすぐに目が疲れなくなり、目の力が回復したような気分になります。具体的には、夜遅い時間に細かい字の本や新聞を読もうとする意欲が回復します。

関節の柔軟性の向上

加齢に伴い、筋肉が関節周囲の骨に付着していく「つなぎ目」になる腱の弾力性が低下します。この部分におけるコラーゲンの一種である弾性繊維の生合成能力が加齢とともに低下するからです。それに合わせて、関節の柔軟性が低下します。成長ホルモンは、この弾性繊維の生合成能力を高めます。成長ホルモンのスプレーを利用しながら。柔軟運動に取り組むと、効率的に関節の柔軟性を回復させることができます。

夜、就眠中にトイレに起きなくする

夜中に1回、トイレに起きる人が成長ホルモンスプレーを利用すると、まず、起きる時間が遅くなり、間もなく夜中に目を覚まさなくなります。夜中に2~3回起きていた人は、起きる回数が減ります。このメカニズムに関しては、下記の仮説を検討しています。

体内には細胞の隙間に間質液があります。この間質液は自由に細胞の隙間を動き回る液ですので、日中は重力の影響で下半身に集まりやすくなります。夜、横たわって眠るとその間質液は重力から開放され、膀胱に流入し、膀胱が一杯になったときに尿意をもよおすのです。加齢に伴い、間質液を皮下組織に保持する力が低下するため、フリーの間質液量は増えていきます。だから、夜中にトイレに起きるようになるのです。

成長ホルモンのスプレーを利用すると、間質液を皮下組織に保持する力が高まります。その結果、自由に動き回る間質液が減り、就眠したときに膀胱に流入する液量が減るので、夜中にトイレに起きる回数が減るのです。

免疫力向上

成長ホルモンのスプレーを続けていると免疫力が向上します。採血検査で、NK(ナチュラルキラー)細胞の活性を調べていくと、大半の症例で上昇します。

口内炎ができやすい、歯肉炎ができやすい、傷が治りにくい、ヘルペスができやすい、風邪をひきやすい、それらは、すべて免疫力の低下と関係しています。成長ホルモンのスプレーを利用している期間は、それらの発症が見られなくなります。

バストアップ、バストのハリ

成長ホルモンは、乳腺のラクトゲン受容体に作用して、バストアップの効果を有します。一定の条件を満たしている女性に対して、この効果は強く現れます。アップしたバストは成長ホルモンの投与を中止しても小さくならないので、チャレンジする価値は十分にあります。

30歳代後半から50歳代前半の女性が利用すると、バストのハリが回復すると同時に、ウエストのくびれが目立ってきます。肌のハリも高まりますので、急に若返ったようにみられます。

バストサイズがアップするのはナゼ?

肌の弾力、ハリを高める

成長ホルモンのスプレーは、皮下組織のヒアルロン酸、コラーゲンへの作用を介して皮下組織に水分を保持します。その結果、肌の弾力が高まり、ハリが出てきます。この効果は、成長ホルモンを使い出した直後から、自分の身体に体感できますが、「シワが減った」などの他人が見て分かる効果が現れるまでは、3~6ヶ月かかります。

肌のハリがよみがえるのはナゼ?

背を伸ばす

成長ホルモンのスプレーは、子供の背を伸ばす目的で利用できます。また、大人でも一定の割合で2cm以上伸ばせる人が出現します。

子供の場合は、成長の時期に応じて、投与の可否、投与量を使い分けます。大人の場合は、プラセンタエキス(胎盤抽出物)入りのグルコサミンサプリメントを併用すると、2cm以上伸ばせる確率が高まります。

成長ホルモンを使うと背が伸びる

骨粗しょう症予防

成長ホルモンのスプレーは、蛋白同化作用、骨芽細胞に対する作用を介して、骨を丈夫にします。もともと、骨を作って背を伸ばすホルモンですから、当たり前です。両親のどちらかが高齢時に骨折したという思い出がある人は、50~60歳になったときに、骨を丈夫にする目的で、1年ぐらい成長ホルモンを利用することをおすすめします。

骨折治療

成長ホルモンのスプレーは、高齢者の骨折治療に利用できます。高齢者は骨折したときに、なかなか治りにくく、そのまま寝たきりになってしまうこともしばしばです。成長ホルモンは骨の修復を早めるだけではなく、同時に筋力の衰えをカバーする作用があり、また、滅入ってしまった気分を明るくしますので、高齢者で骨折した人が身近にいる場合は、是非ともすすめてあげて下さい。

脱毛、抜け毛の防止、発毛、育毛、増毛

成長ホルモンを利用した人は、皆、「抜け毛がなくなった」「髪が伸びるのが早くなった(床屋に行く回数が増えた)」「髪が増えて、ふさふさになった」とアピールします。成長ホルモンには、体内でたんぱく質を作り出す反応を高める作用(蛋白同化)がありますが、髪の毛はまさにタンパク質ですから、そうなるのは当然です。それにしても、男の30歳代、40歳代の抜け毛防止には抜群の効果があります。男の脱毛、抜け毛には遺伝的な要素が関係していますが、発症するのは体内の成長ホルモンが激減する時期に相当します。遺伝を発現させる因子と、体内の成長ホルモン減少が、強く関与しているのであろうと示唆されます。
なお、女性の髪は必ず量が増えて、艶やかになります。抜け毛がなくなり、伸びるのも早くなります。

メディカルサロンの成長ホルモンスプレーをお試しください。