成長ホルモンは盛んに利用されています。 成長ホルモンって何? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長 成長ホルモンオンライン処方判定フォーム

成長ホルモンとは?

成長ホルモンで気力、体力、容姿を若返らせる!

成長ホルモンの役割手の甲を指でつまんでみてください。昔は張っていたのに、つまんだシワが残りませんか?
これは成長ホルモン(growth hormone)と大きな関係があります。成長ホルモンは水分を集める役割を持ちます。

20歳の女性は肌がピンと張っていますが、25歳がお肌の曲がり角と言われます。成長ホルモンは13〜17歳をピークに急速に低下し、30歳以降は10歳ごとに25%ずつ低下します。これに伴い、肌に弾力性がなくなりシワが目立ち始めるのです。

成長ホルモンの本来の役割

タンパク質の合成 成長ホルモンは筋肉へのアミノ酸の輸送を増加させタンパク質の合成を盛んにし、それらの結果、筋肉が発達
糖質代謝 血糖値を高め、組織でのエネルギー消費を高める
脂肪代謝 脂肪細胞中に蓄えられていた中性脂肪を分解し、血液中に遊離脂肪酸を放出させ、その遊離脂肪酸は肝臓内で分解され体脂肪が減少
ミネラル代謝 カルシウム、リン、マグネシウムの代謝に影響し骨形成を促進。小児においては長骨を伸ばす作用を持つ
プロラクチン様作用 成長ホルモンは、「ラクトゲン受容体」に結合するため、乳腺の発育や乳汁生成にも関係

成長ホルモンに関する概説

成長ホルモンは、脳の下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、アミノ酸が191個つながったペプチドホルモンの構造をとっています。10歳から14歳の頃に血中分泌量のピークを迎え、未成年の子供に対しては、背を伸ばす役割を持っています。14歳以後は、徐々に血中分泌量は少なくなり、50歳を超えると、ピーク時の5分の1から7分の1の量に減ってしまいますが、高齢になっても体内では重要な役割を担っています。

子供に対しては、成長ホルモンは長幹骨(大腿骨など)の骨端線に働きかけ、軟骨細胞の分裂増殖、分裂した軟骨細胞の肥大化、血流中の胚細胞の骨端線軟骨細胞への分化誘導などの役割を通じて、子供の背を伸ばしていると推測されています。したがって、子供の成長ホルモンが十分に分泌されなければ、背が十分に伸びず低身長状態が続いてしまいます(成長ホルモン分泌不全性低身長症)。
成人に対しては、筋肉に対する蛋白合成作用、心筋収縮力増強作用、線維芽細胞のコラーゲン・ヒアルロン酸合成能力の向上、腸周囲のホルモン感受性リパーゼを活性化させることによる内臓脂肪の減量作用、脳に対する何らかの作用を有しています。

筋肉や心筋収縮力に対する作用

成長ホルモンの筋肉や心筋収縮力に対する作用は強く、長距離走や水泳のタイムが飛躍的に向上します。また、瞬発力も高まり、野球では低めの球を打ったときの打球が伸びる、ゴルフでは単純に飛距離が伸びる、などを実感することができます。もちろん、成長ホルモン投与はスポーツ競技においてはドーピングに相当し、禁止されています。といっても、異常大量投与をしない限り、副作用が認められませんし、検査で検出することもできません(自己の成長ホルモンと外来投与の成長ホルモンを区別できない)ので、どれほど普及しているかは不明です。

肌との関係

線維芽細胞は皮下に多く存在し、コラーゲン、ヒアルロン酸を合成します。ヒアルロン酸は水分を吸着して、皮下組織のボリュームを作り出します。成長ホルモンはその線維芽細胞を活性化させ、皮下のヒアルロン酸量を増やしますので、皮下の水分保持量が高まります。その結果、肌のハリが高まる、という効果を出します。同時に、夜間の排尿回数が減る効果も有します。

内臓脂肪との関係

若い頃は太っても、お腹は出てきません。しかし、30歳を超えるとちょっと太ったときにお腹が出てきます。これは、加齢に伴い腸の周囲に存在するホルモン感受性リパーゼの活性が低下するからです。運動によって血中に高まるアドレナリンはこのホルモン感受性リパーゼを活性化させますが、成長ホルモンも強い活性化作用を持っています。加齢に伴い、成長ホルモンの基礎分泌量が低下するから、内臓脂肪がつきやすくなると推定されます。

脳に対しての作用

成長ホルモンは脳に対しても作用を有しています。まだ研究未開拓の分野ですが、高齢者に投与すると、たいていは外出意欲が高まります。家で閉じこもっていた91歳の高齢女性に舌下投与スプレーで投与したところ、突然、ニューヨークに行きたいと言い出して、一人で行ってきたという実例があるほどです。中年者でも意欲が高まり、やる気が出てくる、朝から元気になる、と大半の人が実感しますので、脳に対する作用が存在することは容易に推測されます。若者達が集まって、盛り上がっているシーンをよく見かけますが、あれは脳内に「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」という気持ちを持っているからです。加齢に伴い、その気持ちがなくなり、「落ち着いた」といわれますが、あの「何かいいことがありそうな予感がしてウキウキする」というのが、まさに成長ホルモンの脳内作用と推定されます。今後の研究成果を待ちたいと思います。

成長ホルモン投与の手法

成長ホルモンを投与する手法としては、皮下注射舌下投与の二系統が存在します。注射は持続高濃度を作り出し、舌下投与は瞬間的な血中高濃度を作り出します。皮下注射はインスリンと同じで自分で注射することができます。成長ホルモンはアミノ酸191個の大分子のペプチドホルモンですので、舌下から吸収されるかどうかに関して疑う医師もいるようですが、初めて投与したときは、投与直後に「クラッとする」という副作用が出現しやすいこと、乳腺が強く張るという副作用が認められる場合があることなどから、吸収されるのは確実で、しかも、舌下投与後10〜30秒で血中濃度はさっと高まるようです。
経験的に、皮下注射と舌下投与では作用がやや異なっているように思われます。研究がすすんでいない分野ですが、皮下注射はIGF-1(成長ホルモンの代謝過程の産物)による作用が強くみられ、舌下投与は成長ホルモンそのものの作用が強くみられるように思います。

成長ホルモン使用に対する見解

健康保険大国の日本においては、「病気を治療する」のが医師の役割ですから、成長ホルモンの健康管理分野での利用に関して、否定的な見解を述べる医師も多いようです。
成長ホルモンの健康管理分野での利用しかし、「病気でない人」に対して、「ぴんぴん元気なまま長生きさせてあげる」というのも医師の本来の役割のはずです。副作用がない範囲での成長ホルモン利用は、特に若者から高齢者までが閉じこもって意欲を失いがちな日本社会においては、1つの大きな役割を担う可能性を秘めていると私は思っています。

成長ホルモンを処方可能か判定できます(無料)

成長ホルモンを6か月間投与すると・・・ (100人中何人に成果が出たか)

アンチエイジング」を堂々と科学技術系予算に掲げたアメリカから、成長ホルモンについての医学論文がポツリポツリと発表されてきています。注射によって6ヶ月投与したところ、以下の効果があったと発表されています。

筋肉強化
88%
視力強化
88%
筋肉発達
81%
免疫力増加
73%
健全な生活とポシティブな生き方
78%
夜尿回数の減少
57%
皮膚弾力性増加
71%
シワ減少
71%
不規則な生理周期の改善
63%
情緒安定、記憶力向上
67%
エネルギーとスタミナ増加
77%
消化機能改善
58%
更年期症状減少
58%
熟睡
61%
関節の柔軟性回復
80%
骨粗鬆症改善
58%

メディカルサロンの成長ホルモンスプレー

成長ホルモンスプレー

「成長ホルモン」が見た目を5歳若くする

若返りスプレー

フライデーに掲載されました

『若返りスプレー(メディカルサロンの成長ホルモンスプレー)』 気になる“効き目”
アンチエイジングの決定打!『成長ホルモン』が見た目を5歳若くする!

短期間の体験をした男性記者は、「よく眠れて、疲れなくなり、抜け毛が減った」と語っています。

医療用の成長ホルモン「そのもの」

成長ホルモンスプレー

四谷メディカルサロンで開発され、四谷メディカルクリニック内で調合されている「成長ホルモンスプレー」。1日に3〜6回舌の下にスプレーするだけで、成長ホルモンの効果がしっかりと現れます。

※よく目にする「成長ホルモンの分泌を促す」や「成長ホルモン類似物質」というタイプのものではありません。診療現場で実際に効果が確認されている成長ホルモン“そのもの”です。

※成長ホルモンは「処方せん医薬品」です

成長ホルモンは日本、アメリカ、その他の欧米諸国において処方せん医薬品に分類されています。入手にあたっては、医師の診察と処方が必要です。医師による診察、処方、その他の指示なしで入手した場合は、法により罰せられることがあります。

なお、アメリカでは鹿角抽出エキスのスプレー剤を「本物の成長ホルモン」と銘打って一般販売されていますので注意してください。

成長ホルモンの安全性と副作用

成長ホルモンは、「ホルモン」と名前がついていますので、「副作用が怖い」と誤解している人が多いようです。確かに、「ホルモン」と名がつくものに「副腎皮質ホルモン」や「男性ホルモン」「女性ホルモン」があり、その製剤の長期投与による副作用が怖いことはよく知られています。しかし、成長ホルモンは、そのようなタイプのものとは異なっています。

成長ホルモンの安全性と副作用

お知らせ・新着情報

  • 【年末年始営業のお知らせ】12月30日(火)〜1月4日(日)は休業とさせて頂きます。休業期間中にお受けしたご注文やメールへのご返答は1月5日以降となりますので予めご了承ください。
  • 対象商品(ピュアアルギ1本、GHmore1本、背伸美肌2本、童伸2箱のいずれか)をご購入の方には、(社)日本健康教育振興協会が主催する「予想医学エデュケーター養成講座」の第5講座「子供の成長、脳機能、ストレスと視床下部」を無料で受講できる受講券(単独受講価格10,800円)をお一人様1回に限りプレゼントします。
  • 成長ホルモン診療の総括
  • 知っているようで知らない「成長ホルモン」