成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンと併用したいサプリメント

イチョウ葉&テアニン

イチョウ葉&テアニン「脳の活動が、冴えない、衰えた」と思ったら

脳の役割は3つ。
1.知能活動として、記憶する、判断する、計算する、推測する
2. 筋肉をコントロールして、身体の隅々まで、器用に動かす、力強く動かす
3.感情・情動・本能を介して、自律神経、ホルモン、免疫力をコントロール

1.が冴えないと、学業の成績が上がりません、物忘れが多くなります。
2.が冴えないと、身体の動きが鈍く、不自然になります。
3.が冴えないと、体調不良、頭がボーとする、疲れやすいが生じます。子供の場合、背の伸びが悪くなります。

イチョウ葉が含むフラボノイドやギンコライドが冴えた毎日をサポート。緑茶成分テアニンが茶道の「わび、さび」の冷静沈着気分を演出、エネルギー効率で人気のクエン酸も配合しました。

【価格】¥9,500(税別)
【内容量】75g(250mg×300粒)
【お召し上がり方】1日10粒を目安に、水または白湯でお飲みください。

ドクターの診療体験

イチョウ葉&テアニンの効果を数字で証明する臨床経験があります。受験を控えて、勉強が大変という子供は背の伸びが悪くなることがしばしばです。そんな子供に、イチョウ葉&テアニンを投与すると、背の伸びを回復します。これは、毎月の伸び率の数値で証明できます。また、思春期の精神的にイライラしている子供に投与すると、母親が、「落ち着きを取り戻してくれた」と喜んでくれます。子供の学校の成績は、ほぼ全例で上がります。特に社会科などの記憶モノの成績が良くなったと、子供は喜びます。イチョウ葉&テアニンの効果

イチョウ葉成分のフラボノイド、ギンコライドの、記憶をつかさどるシナプスネットワークへの作用、緑茶成分のテアニンが持つ、視床下部(感情、情動、本能の中枢)の安定化作用が関係していると思います。

イチョウ葉&テアニンについて

イチョウ葉エキス

アルツハイマーなどの老人痴呆症に有効性が認められている注目のハーブです。イチョウ葉のフラボノイドとギンコライドは、イチョウの葉にしか含まれていないので、高濃度のイチョウの葉エキスから作ったサプリメントを利用するしかありません。

テアニン

冷静さと集中力を取り戻すことが、感情・情動・本能のラインを安定化させ、脳の機能を下支えします。緑茶エキスに含まれるL-テアニンはその目的に合致します。

こんな方におススメです

  • 思考をすっきりさせ、落ち着きを得たい方