成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? メディカルサロンの成長ホルモンスプレー 低身長対策~成長ホルモンで背を伸ばす~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンと併用したいサプリメント

GH系マルチサプリメントGHmore(ジーエッチモア)

自己成長ホルモン分泌刺激作用をもつアルギニンに加え、<大人の活力アップ・アンチエイジング><お子さまの成長サポート>それぞれに対応した成分配合のGH系マルチサプリメントです。

GHmore

GHmore(ジーエッチモア)ますますアクティブな男。ますますビューティフルな女

アルギニンを主原料として、極秘(?)の成分を配合しました。疲労回復力、体力、睡眠の調子、髪、爪、バスト、肌のハリに注目です。
ますます盛ん。それが男の生きるサマ。ますますキレイ。それが女の活きるサガ。

  • ハリ・毛穴・たるみが気になる方
  • 若々しさを保ちたい方
  • あの頃のような活力がほしい方
  • よく眠れない方
  • 髪や爪に元気がない方
  • バストにハリがない方
11包を目安に、袋をよくもみほぐしてから、水などといっしょにお召し上がりください。
※製品の性質上、顆粒が袋の中で固まっている場合がございますが品質には全く問題ありませんのでご安心ください。

GHmore(子供用)

お子さまの成長をマルチにバックアップ

GHmore(ジーエッチモア)子供用アルギニンをはじめ、お子さまの成長期には欠かせない成分をマルチに配合しました。低身長治療の診療に来院できない、あるいは、まだ来院するほどでもない、という子供のためのサプリメントです。安心してご購入していただくことができます。4歳から声変わりするまで、あるいは、生理が始まるまでに利用してください。

  • 伸びが気になるお子さまに
  • 集中力をアップさせたい
  • 成長期の栄養補給に
  • お腹を元気に

1日1包を目安に、水などに溶かしてお召し上がりください。
※製品の性質上、顆粒が袋の中で固まっている場合がございますが品質には全く問題ありませんのでご安心ください。

原材料名:難消化性デキストリン、サメ軟骨抽出物、乳たん白、グルコサミン、ぶどう果汁、砂糖、ブルーベリーエキス、L-アルギニン、グリシン、クエン酸、乳酸カルシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、V.C、L-テアニン、抽出V.E、ヒアルロン酸、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(原材料の一部に乳・かに由来成分を含む)

アルギニンについて

L-アルギニンはアミノ酸の一種です。体内で自己合成できる非必須アミノ酸に属しますが、子供では不足するので子供には必須アミノ酸です。20歳代は盛んに体内合成されますが、加齢に伴い合成量は低下し、40歳を超えると、不足がちになります。それに応じて、体力の低下、容姿の衰えを感じます。アルギニンは、診療現場では、成長ホルモンの分泌刺激剤として用いられていますので、アルギニンの体内不足の傾向が、成長ホルモンを介する身体の変化に影響していると思われます。アルギニンを中心に、工夫を凝らすと素晴らしいサプリメントが誕生します。成長ホルモンの舌下投与型スプレーと並んで、診療現場で定着した逸品です。

アルギニン含有食品「ピュアアルギ」についてはこちら

アルギニンサプリメント使用時の注意点

10歳代になって、性的発育が一応の終了を迎え、ここ1年の伸びが4cm以内になった子供に、アルギニンを投与する場合は、医師の指導を受けておくようにしてください。

アルギニン含有量が多いのに加えて、それ以外の何かの成分を配合しているサプリメントを使用して、最初の1~2か月でポンと1cmほど伸びたけれども、それ以後、まったく伸びなくなった、という相談の来院者が相次いでいます。そういう人に、本来はもっと伸ばせるはずの治療を施しても、まったく反応してくれないことがしばしばです。
性的発育がほぼ完了間近で(陰毛が生えそろった状態)、ここ1年の伸びが4~5cm程度に低下していた場合、治療しなければ1~3cmの伸びで止まります。そこに治療を施せば、3~8cm伸ばせるのが、低身長治療の神髄です。しかし、この時期にむやみに、アルギニンサプリメントを利用すると、かえって身長をロスすることがあります。

原因は定かではありませんが、他成分の併用による骨端線レベルでの軟骨細胞の増殖停止や、急速骨化の影響などが考えられます。他成分を混合させていない「ピュアアルギ」は、診療現場で用いられていますが、このような影響は認められません。医師は相互作用を深慮します。

背の伸びが最終的に止まる時期から、さかのぼって1~3年前の治療は、かなりデリケートで、ナーバスな要素がありますので、治療手法には十分に注意するようにしてください。闇雲(やみくも)なサプリメント摂取は決して良いとは言えません。