成長ホルモンの役割
成長ホルモンとは?使うとどうなるの? 成長ホルモンの舌下投与型スプレー 低身長対策~背を伸ばす医療~ 成長ホルモンを処方できるか判定

成長ホルモンを使うと・・・

ホーム > 成長ホルモンを使うと・・・

医学・医療にはすべて確率論的な要素があります。医薬品の効果に関しても、それぞれ、「このような治療を行ったら、○%の人にこのような効果が現れた」というのが中心的な考え方になります。成長ホルモンも同様に、すべての人に同じ効果があるわけではなく、この人にはこんな効果が強く現れたが、あの人にはその効果が感じられなかった、ということがしばしばです。

「成長ホルモンをどのような目的で利用できるか」を解説します。医学・医療における確率論をよく理解した上で、読んでください。

伸長(身長が伸びる)伸長(身長が伸びる)

成長ホルモンを使った「背を伸ばす医療」があります。

伸長(身長が伸びる)

容姿の回復容姿の回復

成長ホルモンを使うと肌のハリが回復するのはナゼ?

容姿の回復

バストサイズアップバストサイズアップ

10代後半から30代前半の方はバストが大きく成長することがあります。年齢と共にバストの下垂や小さくなったのを感じている方はバストアップが見られています。

バストサイズアップ

ダイエット効果ダイエット効果

成長ホルモンとダイエットの関係について

ダイエット効果

成長ホルモンと不妊症治療成長ホルモンと不妊症治療

40歳前後の女性で成長ホルモンの舌下投与型スプレーを使っていると、突然、妊娠することがあります。

成長ホルモンと不妊症治療

うつ治療(研究課題)成長ホルモンとうつ治療

「うつ状態、うつ病、億劫(おっくう)、面倒くさい」を治療する新提案

成長ホルモンとうつ治療

私は「成長ホルモン」の処方を受けられるの?

成長ホルモンをあなたに処方可能か判定します

成長ホルモン処方判定

成長ホルモンは処方用医薬品ですので、医師による処方が必要です。あなたに処方可能かどうかを判定します(無料)。結果をメールにて返信いたします。